シーツや帽子にうつると大変な頭皮の臭い

シーツや帽子にうつると大変な頭皮の臭い

 

私は元々頭皮が弱く、ちょっとまめに洗髪を繰り返しているだけで
肌荒れと痒みが出てしまい、結構苦労したものでした。

 

自分の頭皮に合うシャンプーやコンディショナーを探すだけでも結構骨が
折れるものだったのですが、それに加え、痒みが出るからとあまりに洗髪のスパンを
伸ばしてしまうと途端に頭皮の臭いがきつくなり、それに気付いて嫌な思いをする事があったからです。

 

良くあるパターンは寝起きの直後。寝返りを打ちうつ伏せ状態となって、
初めてシーツの酷い臭いに気付くのですが、その原因はもちろん頭皮の臭い。

 

仰向けで熟睡している最中に頭皮の臭いがシーツに直接うつってしまうらしく、
あまり歓迎出来ない目覚ましになってしまったものです。

 

就寝時には殆ど枕を使わない私の性格が悪い方向に出てしまったのでした。

 

また好きで被っている帽子あるいは冬場に防寒目的で被っているニットキャップにも
頭皮の嫌な臭いがいつの間にかうつってしまい、酷い時は少なくとも1週間おきに
洗濯しなければいけない程だったのです。

 

現在はようやく頭皮の痒みと臭い共に効果を発揮する薬用シャンプーの
ブランドを発見し、それらの症状をある程度軽減出来る様になってきました。

 

薬用でグレードも高く、少々値段も張るのですが、
それ以上に確実な効能に満足しており、今後もしばらくこれで防げれば、
と思っています。

 

体臭が気になる悩みはやはり通勤時にマックスに

 

普段から体臭は強めであると自覚している私ですが、その対策はともかく
最も悩んでいるのが日々の通勤。

 

基本的に電車通勤なのですが、片道で1時間以上乗らなければならない上に
途中から地下鉄路線へと合流する事となる為、車内に空気が籠りがちとなってしまい
余計に自らの体臭を意識せざるを得なくなってしまうのです。

 

ちょっと鼻先を袖口や腋に近付けるとその臭いが判別出来る程ですから、
それらの臭いが周囲の通勤客に感ずかれないかどうか気が気では無いのです。

 

それも通勤時は大変人同士密着してしまうケースもありますから、
意識するなというのが無理な話なのです。

 

ここ数年は何とか銀配合のデオドラントスプレーで誤魔化せています。

 

ただ日々使う量も半端無く、通勤時に持参する缶でさえだいたい
1週間前後で使い切ってしまうケースもあり、特に臭いを気にする夏場は
お財布事情も結構苦しいものです。

 

腋汗を気にし過ぎて露出部分を減らそうと、暑い時期に無理して
長袖で押し通そうとすれば、返って汗をかく量が増え本末転倒な結果に。

 

これが嫌で結局スプレーに頼らざるを得なくなったのですが、
やはり夏は夏らしい軽装で快適に過ごしたいものですよね。

 

最近では汗腺処理のレーザー手術に憧れを抱く事も増えてきたのですが、
すぐそれを決断出来る裕福な人が本当に羨ましいものです。

 

そして、頭皮に関してですがニオイを改善できるシャンプー
あります。

 

気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。